読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日雇いパンダと極楽の孔

同情するなら笹をくれ

ムダ毛処理の日



僕の趣味の一つに、「身体中のムダ毛を抜く」というのがある。


抜き方にもコツがあり、毛先を摘んでから根元を刈るようにすると高確率で抜くことができる。


思えば、僕の下腹部から佐々木希のうなじのような、柔らかな毛たちが生え始めた中一の秋。


あの頃は性知識がほとんど揃っておらず、その毛の存在に気づいた時もなにか僕が僕でなくなるような、忌々しいものだと捉えた。


いま思えば、冬に抗うようにどんどん色を濃くしていくさまは、ちょうど反抗期を迎えていた宿主によく似ていたかもしれない。




毛を抜くことに限らず、自分と不要物を引き裂く行為というのは、快感を得られるようにできている。


僕は自分の家のトイレで過ごす時間が一番好きだ。


特に排尿というのは、なにか自分にとって細かいスパンでの脱皮であるように感じる。


尿とともに喜怒哀楽が全て流れ落ちる喪失感と、いまの自分にできる唯一の社会参加を実現させる安心感。


一説によると、扉を開くときに浴びたそよ風の風速の合計で、死ぬときの走馬灯の速度が決まるという。


死ぬときはあの世へ駆け足で行けたらあんまり辛くないかなと思うので、少しでも尿意を感じるとニコニコしながらトイレに駆け込むことに決めている。


余談だが、昔に比べて便を拭くときに一度で拭き取れなくなってしまった。


ろくなものを食べれば治ると信じたいが、まさか肛門を始点に自分の肉体が次第に糞便化しているのか?という疑念を抱えながら夜のトイレに向かうのはなかなかに辛い。


僕が好きなのは排尿であって、排便は嫌いだ。




そう考えると、リストカットが心地よいと思い始めている人は、自分そのものを不要なものだと捉えているのではないか。


自分を不要なものだと信じられる人は、どこか純粋で真剣に世界を見つめている人なのだろう。


弱い人間ほど、誰かの心に寄り添うのが上手いが、それだけで生きられるほど世界にゆとりはない。


自分は不要だという観念が頭を締め付けるときは、下半身に群生するムダ毛を着実に抜き集め、それをティッシュに並べてみる。


これ以上に不要なものがあるだろうか。


いつの時代でも、傷ついた心に染み入るような笑いを提供してくれるのは、己のムダ毛なのだ。


Perfumeの『ナチュラルに恋して』を聴きながら陰毛の処理をしていた在りし日の僕。


こんなに爽やかでオシャレな曲をこれほどムダ使いできるのも僕くらいだろうと、不思議と自信がついてきたものである。




少し離れたところ、脇腹に近いところに力強い毛がぽつんと生えている。


それを陰毛だと認めて引き抜くときのプチッという小さな音、それがみるみるうちに増幅し、体内でうなる残響の感覚。


前向きな選択肢だけを抽出する生き方は、身体がいずれ拒絶反応を起こす。


卑下とは異なる自己諦念のやり方を教える宗教があれば、みんながもっと健康に生きられるのではないか。


常に等身大の自分を見せるのが一番危険だが、その儚さが人を惹きつけて離さないのだろう。




死ぬ前日に、自分の手で丁寧に身体中のムダ毛を処理するのが僕のささやかな夢だ。


火葬場の炎に頼ることなく、僕のムダ毛には世界を旅してもらいたい。


やがてそれが誰かの笑いの種になることを祈って。


きょうは木曜日、燃えるゴミの日だ。