日雇いパンダと極楽の孔

同情するなら笹をくれ

おちんぽ大好き



先日、噂のマストドンを始めた。


マストドンに登録する際には、インスタンスと呼ばれるコミュニティのようなものに加入しなければいけない。


僕は、pixivが運営しているpawoo(パウー)という名のインスタンスを選択した。


するとそこには、全員がコテハンをつけている2chのような、純度の高いアングラ感に包まれた異界が広がっていた。




ここでTwitterノリを出すと背後から刺される、僕の動物的本能がそう警告していた。


instagramFacebookが陽の当たる地上、Twitterが地下2階だとすると、マストドンは地下12階くらいの闇の深さがあるように感じた。


心配性の殺人犯でももうちょい浅いところに埋めるぞ。




マストドンでなにかヘマをしたら、Twitterの僕のアカウントにも一族が攻め込んで来かねない。


身元が割れては危険すぎる、ここではアレックスの名は封印すべきだろう。


さらに、もしもクソ真面目な名前をぶら下げたまま発言を繰り返せば、夷狄だとみなされていずれ打首獄門に処される可能性すらあるだろうと踏んだ。


ここまで考えた段階で、僕が長年胸の中で温めてきたネカマやりたい願望が一気に開花する。


この地下では、女の子のように可愛く、だけどちょっとしたスパイスが含まれている、そんな名前を抱えて生きていこうじゃないか。




まだ見ぬ奥さんの意向もあるとは言え、僕はいずれ娘を授かったら「愛」を含んだ名前をつけると、ずっと心に決めている。


字面的にも愛嬌があるし、なにしろ愛があれば大抵の障害は乗り越えられると信じているからだ。


ナオトインティライミみたいな事を言うね、僕は。


だが、ここまで深くは話していないが、以前Twitterでこの話をしたらダサいだの気持ち悪いだの散々な言われようで傷ついた記憶がある。


僕を詰るのは構わないが、人の娘を捕まえて中傷するなんて、なんて心無い人たちなんだろう。


愛くらい、信じられないのかい?


ナオトインティライミみたいな事を言うね、僕は。




よし、苗字にスパイス、下の名前に愛嬌だ。


なにか良いスパイスはないものかと、心のキッチンの奥にある戸棚を開けてみた。


すると、そこにあったのは「セックス」というラベルの貼られた小瓶がひとつだけ。


よくセックスソルトだけで毎日飽きないご飯を作れるね。


そりゃそうだ、セックスは魔法の調味料なのだから。




クリ山は露骨すぎるよな…


膣内村(なかむら)はたぶんみんな読めないし…


おちんちん林はスパイス過多…


イラマ林はそういう木が群生した林に見えるし…


亀頭林は重箱読みで不安になるし…


あれっなにこのセルフ林縛り…


こんなふうに30分ほどうんうん唸って、膣川(ちつかわ)に決めた。


うん、ちょうど良いスパイスの量と、苗字から滲み出るクーデレ美少女感がたまらない。


まあ、後から気づいたけど、膣川も重箱読みなんだけどね。




さて、つぎは下の名前だが。


無作為に言葉を組み合わせるという作業は意外と難易度が高く、だいたい適当に考えて思いついた名前は過去に会ったことがある女の子のものだった。


だったら開き直って、いっそ好きだった子の名前を拝借しちゃおうか、という思考に辿り着く。


初恋の次の恋のお相手だった、那奈ちゃん。


この子は誰もが認める美少女であった。


家柄も良いし、勉強もクラスで三番目くらいにできてたし、上目遣いのプロだし、夕日に照らされながら憂いを帯びた目でフルートを咥えてたし、モー娘の鞘師ちゃんに似てたし、それでいて体育の授業で走る姿はさながらエヴァのようという隙までちゃんと用意されていて…


リアルで地下12階の住人である僕には到底届かない、高嶺の花子さんであった。


僕自身が夏の魔物になってどうする。




「ダメかもなー、道徳的にじゃなくて、六法全書的にダメかもなー」という罪悪感を尻目に、無意識のうちに膣川那奈と入力していた。


そういや猫飼ってるって言ってた記憶あるな、よし、アイコンは可愛いにゃんこに設定っと。


あー夏に会いに行こうかな、時間はかかるだろうけど高速バスに乗ってさ。


あっ連絡先知らねーや…


成人式後の同窓会でちゃんと聞いとけば良かったな…


グッバイ、僕の地上よ…




ガタン…ウィーーーーン…


あっ、こんにちは…初めまして…


はい、私も地下12階へ…


えっ、いやいやいや…


もっと可愛い子、いっぱいいるじゃないですか…


でも、そこまで言ってくれるなんて、嬉しいです…


じゃあ、まずはお友達から始めましょう?


私、那奈です。膣川那奈。


IDはochinpodaisuki、です。


どういう意味って…好きだから好きってだけですよ?


あはは、これからよろしくお願いしますね?