三軍の幸福論

君も幸せになる時が来たんだ

胸が痛い



その痛みは誰の為にある。


何かを守る代償として自分が傷つくのなら、その傷はやがて自己実現という名のかさぶたで塞がることだろう。


一方僕の傷はいつまでたってもジュクジュクなままで、空気に触れるたびに沁みてひどく辛い。


辛くて辛くて、本当に辛くて、一日が70時間くらいあるように感じられるのだ。




この痛みの原因となる感情を成分分析してみると、怒りが半分を占めていた。


この怒りは非常にたちが悪く、本来であれば対象に憤りの水風船をぶつけてやればそれでおしまいなのだが、肝心の対象が見つからぬまま。


誰もいない空間で一人、大きな水風船を抱えて立ち尽くしている僕の怒りはどんどんぬるくなっていく。


いつ風船に水が注がれるのか分からないという、自分の怒りに対して自分が怯えるのは初めての経験である。




それから悲しみが三割ほど。


怒りとは対照的に、この悲しみは自分を焼き尽くすほどの火力を持ち合わせているようだ。


これほどまでに燃え滾る悲しみを味わったことがないので、悲しみという表現が正しいかについては自信がない。


最近鏡を見ると酷い顔をしているのは、この悲しみのせいで顔面の皮膚が焼き爛れてしまったからではないかと考えているのだ。




残りの二割はかなり散逸していて、いま持ち合わせている語彙からその二割の最たる部分を占める感情を無理やり形容するならば、近い言葉は「浮遊」だろうか。


数時間に一度は必ずみぞおちに力が入る瞬間がやってきて、そのたびに空に浮かんでいるような気分になる。


その数秒後には地面に叩きつけられてしまうのでその度に浮かばなければ良かったと思ってしまうのだが、よく考えてみると自分で浮かびたくて浮かんだわけではないのだ。


後悔後に立たず、という言葉を当てはめておく。




十年ほど前から、帰納と演繹を繰り返す工程の中で自分から感情を遠ざけながら濾すという、見晴らしの良い塔の螺旋階段を登るように感情を制御する手法を採用している。


だがそれは状況把握がうまくいかなければ途端に感情がカオスへと突き進んでしまう欠陥を孕んでいる、これは最近になってようやく気づいたことだ。


おかげで僕の心の中ではマーブル色の竜巻があちらこちらで猛威を振るっており、インフラの復旧はどうも破壊の順調さに追いつきそうもない。




ここでまず、Twitterからひっそりと離れた僕を心配して私信を送ってくれた数名のフォロワー各位へ。


本当にありがとう。僕は元気ではないが心配しないように。


次に、私信こそ送らないものの数秒でも僕のことを考えてくれた0〜若干名のフォロワー各位へ。


わざわざありがとう。僕は元気なので心配しないように。


そして、僕のことなんて頭の片隅にもなかったという数百人のフォロワー各位へ。


君のTwitterのやり方は正しい。ただしフォローは外さないように。




Twitter引退宣言はしないが、しばらくツイートすることはないだろう。


促されるまでもなく、ツイートしたくなったらする。


だがいまTwitterをやると「ぎゃああああああああ」「んああああああああああ」といったツイートを五分おきくらいのハイペースで晒してしまうことになる。


心を緊密に連携させて文字を削り出すことを自分に課しているからだ。


いずれそそくさと戻ってくるだろうから勝手に過労死したことにしないように。




ああ、なんにせよ、僕はずっと胸が痛い。


暗闇の中で針山に囲まれた平均台の上を歩き続ける日々が続いている。


何度足を踏み外して巨大な針に胸を突き抜かれたかはもう数え切れないので、大きな一回とすることにした。


ただこの痛みをひん曲げてこね回して正当化して、悲劇のヒーローぶっている臆病な自分がこの上なく嫌いだ。


そこで僕が僕を嫌いになったら、いったい誰が僕に愛を注ぐのかという懸念が生まれてくるのは、嫌悪の宿主が僕であるから当然のことであろう。


いままでその嗅覚と体系で他者を制してきたのだから。




愛がなくても生きていけるような強い男に自分を育てた覚えはない。


その弱さを誇りながら温かく生きられる存在が大人であるならば、僕はどうやって大人になればいいと言うのだ。


きっとこの反抗心を心の奥で大事に撫でる日々が続く限り、いつまでも僕はこのパラドックスの輪から飛び降りる勇気を持てないでいるのだろう。




救いなどという有るのか無いのかもわからないものにすがりながら意気揚々ともがけるほど、状況は好ましくない。


それならば、どん底どん底まで素直に落ちてみようかと考えている。


そしてその穴がなんの変哲もないただの穴であることを証明したいと思う。


そこで自分をまた一から作り直しても遅くはないはずだ。


底に到達するまで、時間がかからなければ助かるんだけどなあ。


あーあ、幸せになれるものならなってみろよ。